カウンセラーというお仕事は今とても求められています。そこを目指す人間も増えてきています。経験を積むことがまずは大切とされている世界なので最初から独立ということは難しいと考えましょう。ベテランの方の元で修業を積み、実際指名されるくらいの知名度にならないとなかなか独立が難しいものなのです。将来的にはそうしたいと考えて、この世界に入った方は多いでしょう。自分のやり方というものを貫くためにはやはり独り立ちという選択肢は避けては通れないでしょう。しかし知名度がないカウンセラーの元を訪ねる方はいないと言ってもいいでしょう。日々クライアントと向かい合い、誠心誠意お仕事をこなしている方のところにこそ独立のチャンスはやってくると感じます。将来を見据えて、今自分が何をするべきかを見つめなおし、明るい未来に向けて歩き出しましょう。

カウンセラーにとって独立がひとつの目標である

最近人気のカウンセラーがありますが、その分野も様々であります。広範囲にわたって、活動を広めている職業なのです。その活躍の場は医療の現場が主でありますが、そのほかにも教育の場などにおいても活動が目立ちます。カウンセラーになることに特別な資格は必要ないのですが、実際現場で活動を始めるときに持っておいた方が役に立つのです。そのための専門スクールに通う必要があるのですが、通信講座においても勉強を始めることが可能であります。スクールを修了しますと検定試験が行われ、それに合格すれば資格保持者として仕事が始められるわけです。なかには独立を希望している人もおり、自ら開業をすることも可能なのです。カウンセラーの仕事は主に心に悩みを持つ人の相談を聞くことでありますが、問題解決を一緒に取り組んでいくことでそれが解消できたときにはやりがいを感じると言われます。そのことからも人のために仕事ができて、社会にも貢献のできる職業だと言えます。

カウンセラーの独立開業について

現代はストレス社会だと言われています。仕事やプライベートはもちろんですが、子どもたちも多大なストレスを感じているようです。原因は様々ですが、やはり一番多いのが人間関係です。上司からのパワハラや、社内でのコミュ二ケーションを取ることに疲れているようです。ストレスを軽く扱ってはいけません。心身を病んでしまいますし、最悪のケースでは自ら命を断ってしまうこともあります。対策として学校には保健の先生が常駐していますが、近年はそれだけでは不充分です。トラブルを未然に防ぐには、カウンセラーの配置が不可欠です。大学で心理学を学んだカウンセラーを常駐させることで、子どもたちの心のケアが可能になります。大人も子どももそうですが、ただ黙って話を聞いてもらえるだけで、心に落ち着きが戻ります。大学においては心理学を学ぶ若者が増えているようですが、それは更なる需要の高まりを予測してのことだと感じています。独立も可能ですし、将来性のある仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*