カウンセラーとして独立するにはどうしたら良いのでしょうか。今ではカウンセラーを必要としている人が多くいます。職場の人間関係や、家庭内でのいざこざ、ご近所との人間関係、子供が居る人なら子育ての悩みなど尽きることはありません。うまくリラックスしていければいいのですが、溜めこんでしまうとよくないものです。誰かに相談することが一番の解決方法と言えるでしょう。カウンセラーには民間の心理学関係資格が多数存在します。ですのでそのような資格取得を目指すと良いでしょう。心の弱った人に寄り添い、アドバイスをする大切な仕事です。悩んでいる人は考えに考えて来院するのでしょう。ですので適切なアドバイスのできるように、民間の資格を取得しておくと良いでしょう。けして簡単なものではありませんが、興味がありその資格を役立てたいという志があれば取得も難しくないでしょう。

カウンセラーの資格を取得して独立したいです。

密かに将来設計の予想図を描いています。定年までの間にカウンセラーの資格を取得して働かせて頂いて、定年後に自分の家で独立したいなと密かながらに計画を練っています。昔から人に良く相談されるんですが、今一ちゃんと良いアドバイスになって相談してきた人の心に響いているかなって感じたのがきっかけで、カウンセラーの資格を取得しようと考えました。上手くいくかも分からないので、本職は本職で、金銭面の事を考えて繋ぎで働きます。なので、通信で勉強して資格を取得します。ただ、通信のお金が高いので、貯まってからにします。まだまだ定年までは時間があります。結構資格を取得してから独立している人が多いと聞くので、そんな遠い夢でも無いかなと感じています。早くお金を貯めてカウンセラーの勉強をして少しでも相談にのってきてくれる人を助けたいです。

心理カウンセラーとして独立するのに必要なのは

悩める人々が数多く暮らす現代社会において、心療内科という診療科はすっかり定着した感があります。心の中にストレスやイライラを抱えながらも、それをスッキリさせる方法が見つからず、どうすればいいか悶々としているうちに、体にまで変調をきたしてしまう、それが現代人が抱えるつらい状態です。そこへさまざまな角度からアプローチをもちかけ、薬に依存し過ぎずに改善させるのが、心理カウンセラーです。心理カウンセラーは、人の悩みを聞くのがもっとも重要な仕事となりますので、ネガティブな感情もたくさん受け止めることになります。心療内科などで勤務している分には、同僚や医師がいて、みんなで患者さんの悩みを受け止めることができますが、独立して一人になると、全てが自分にのしかかってきます。それを受け止めるだけの確固とした軸があるか、それが何より大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*