アメリカでは日常的なものとなっているカウンセリングですが、日本ではまだ日常的にカウンセリングを受ける文化というものがありません。カウンセラーとして独立開業してしまえば、競争率も高くないので経営は上手く行きやすいのかと思われますが、そんなに簡単にはいきません。人の相談に乗ってあげて、相手の気持ちに応えてあげたり、楽にしてあげるのが仕事ですが、例えば1時間カウンセリングをして、10000円の売り上げだとしても、その10000円は直接収入になるわけではありません。独立開業するということは、場所を借りる費用や人件費などの諸費用がかかるため、経営のマネージメント力がないと成功はできません。成功するためには、その分野の専門的知識はもちろんとして、経営に関するマネージメントの知識について勉強しなければなりません。

どの分野のカウンセラーでも独立は難しくない

カウンセラーといっても色んな種類があります。ただ全てではないにしろ働き方として独立する事が可能だと言えます。何のカウンセラーかによりますが基本的には店舗を構えたりしなくても出来る仕事だと言えます。始めはショップや所属などをしてスキルを磨いてその上で独立という働き方するといいです。それに事務所として構える必要もないし自宅でパソコンだけを使って始める事も可能です。今は逆に行きにくいと感じている人も多くいるし、恥ずかしいと思っている人もいます。そういう人にはパソコンで相談できるという事の方が今はいいのではないかと感じます。それに行きにくいという以外にどこからでもアクセスできるという点なども多いにあるので、そういう人にもパソコンで訪問できるという事のほうが受け入れてもらえるはずです。そう考えると独立というのは難しくないのではないかと感じるのです。

カウンセラーの独立ならどこでするかを考えよう

医療系のカウンセラーの方で病院での勤務という事から、独立をしようと考えているのなら大きな看板をだしたり、病院のような佇まいではなく普通の民家のような所の方がいいのではないかと感じます。確かに医療系のカウンセラーにかかっている人の中には人の目を気にしたりしない人もいるだろうし、気にしながらでも行ってる人もいるとは思うんですが、やはり敷居が高いと思っている人や少し恥ずかしいと感じている人もいるはずです。そういう人にも気軽に相談できるような方がいいのではないかと感じます。どうしても相談の内容にもよるとは思うんですが深刻じゃない場合や軽い物だとしてもそれは人にはわからないものです。でもカウンセラーに掛かるというだけでどんな風に見られるのかを気にする人も多いです。そういう人でも気軽に行ける佇まいがいいのではないか感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*